シミやそばかすなどの予防のために行っておきたいこと

シワや体力の衰え等…年齢を重ねるに連れて若い頃には無かった物が出てくる事柄の一つに、シミやそばかすが挙げられます。

 

シミやそばかす、肝斑はすぐに表面に出来る訳では無く、肌の内側に蓄積されていた物が時間をかけて姿を現すので、出来るだけ早い内から予防をしておく事がとても大切になります。

 

シミやそばかす、肝斑を予防する為には、紫外線対策をしっかり行う必要があります。

 

予防と言うと何だか大変なイメージを持ってしまいますが、つまりは紫外線を防ぐと言う事になるので日焼け止めをこまめに塗ったり、日傘やUV機能の付いた帽子を被ると言った身近で手軽に、そして誰にでもすぐに始められる事ばかりです。

 

ただ手軽に出来る事でも毎日きちんと継続するとなるとなかなか難しくなります。面倒だなと言う気持ちが未来の自分の肌を左右してしまうので、面倒臭がらずに毎日しっかりと紫外線予防の対策を行いましょう。

 

日焼け止めや日傘等の身体の外側から行う対策と並行して、ビタミンやミネラルを多く含む野菜類を積極的に摂ったり、肌のターンオーバーに効くサプリメントを摂ると言った身体の内側からの対策とケアを行うと更に効果がアップするのでお勧めです。

 

自分の素肌の美しさを保てるのは自分だけです。善くも悪くも自分の判断や行動が今後の自分の肌の状態に繋がるので、未来の自分に感謝される為にも毎日コツコツと紫外線予防の対策を続けて行きましょう。

 

今あるシミやそばかすにお悩みの方は、シミやそばかすを消す市販薬がありますので、そちらを試してみることをおすすめします。シミを消す薬はシミが消えることはもちろんシミの予防対策にも繋がりますのでおすすめです。

 

シミの薬と言っても第3類医薬品の市販薬になりますので、副作用の心配もなく皮膚科等を受診する必要も無いので気軽にはじめることができます。

 

実際私も頬にあった3センチほどのシミと、こめかみにあった5ミリから1センチほどの複数のシミがキレイに消えたので今でもシミ予防のために継続して飲むようにしています。

 

美容成分や生薬成分なども含まれている飲み薬で、ビタミンも豊富なのでシミの予防対策としても最高の薬です。シミも消えてシミができない肌に生まれ変わったことで、肌が元気になりました。

 

美白化粧品が良いと言う人も居ますが、化粧品は気休め程度だと思っています。本気でシミを消して予防対策もしたいのであれば、日焼け止めクリームとシミ消す薬が最強だと思います。

2017/05/01 15:18:01 |
ダイエットをしたら肌荒れを起こしてしまった経験がありませんか。無理な食事制限は必要な栄養が不足してしまうため、肌荒れを起こしてしまうのです。ダイエットによくて美肌にもなれる食材がクルミです。クルミをうまく取り入れてダイエットと美肌を手に入れましょう。オメガ3が豊富脂質には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸は肉類や乳製品など動物性食品に多く含まれています。摂りすぎると動脈硬化や高血圧の原因になるので控えたいものです。不飽和脂肪酸はオメガ3、オメガ6、オメガ9に分けることができます。オメガ3とオメガ63は体内で合成できないので食事から摂る必要がある必須脂肪酸です。オメガ6の過剰摂取は炎...